関節リュウマチ克服日記①温泉シェディングで…

リュウマチ改善
Sponsored Links

針治療の写真で、男性の背面の全裸写真があるので、苦手な方はご遠慮下さい(^^ゞ

やっとこの内容について記事を書こうと思えるところまで回復してきました。

3月頃から足の裏、土踏まずの部分が痛くなり、アメブロの方に記事を書いて

何の症状なのか分かる人がいないか尋ねましたが、結局分からず仕舞いでした。

(西洋医学の病院が嫌いなので、まずは自分で調べます)

足底筋膜炎とか色々と候補は挙がりつつ、同時に四十肩・五十肩の症状も出てきて、

肩関節が凄く痛くて上げられなくなったり、

左膝がパンパンに腫れて水が溜まり、歩行困難にもなりました。

薄々思っていたのが、ワクチンシェディングです。

それは、3月から再開したスポーツジムの温泉に毎日入りに行き始めた頃から、

日に日に体調不良が引き起こされたからでした。


何度も経験した銭湯でのシェディング被害

それ以前にも、ジムの大浴場の湯船に浸かると、その後、丸1日

もの凄いだるさに襲われて寝込んだり呼吸困難になることもありました。

知識としては、海外のニュースや様々な方々の発信する記事動画を見てもちろん知っています。

シェディングはあると言うことは、科学的に十分すぎるほどエビデンスも含めて理解していました。


それなのに、温泉、サウナに通うのを止められません

シェディングは理解しているが、他の人達だって毎日入ってて大丈夫なのに、

自分だけ被害に遭うわけが無い…

まさに、ワクチンを3回も4回も、5回も打ちに行く人達の心境と同じなのでしょう…


私は1ヶ月再開して、3ヶ月休会し、また1ヶ月再開して3ヶ月休会…

という謎のセコい通い方をしているのですが、

コロナワクチンの接種が始まった頃から、

ジムに通っている1ヶ月の間に体調がドンドン悪くなり、

休会している3ヶ月で回復して、

またジム通いを再開した1ヶ月で体調不良になる…

その繰り返しでした。

(大前提として私はもちろん非接種です)


本当に懲りないヤツだな…と、自分のアホさ加減に呆れつつ、
やはり1日の終わりに温泉とサウナに入る楽しみは長年の習慣であり、
顔見知りの会員さんとのサウナでの世間話をしたり、
沖縄キャンプシーズンには、
プロのスポーツ選手とサウナで遭遇することもあるので、
彼らの筋肉(裸)を見てモチベーションが上がり、
筋トレがはかどるなど…笑

男は、負けず嫌いというか、

自分より良いカラダのヤツを見ると、負けたくない…

または、その理想的な体つきに憧れる生き物なので…汗

(体育系だけかも知れませんが…)

自宅で筋トレするよりは、ジムに通う方が他人の筋肉を見てやる気が出ます。

特に私は負けず嫌いなので、近くに人がいると重りを多めにしてムリしたり…汗

なので、出来るだけ人の少ない時間帯を狙います。完全にアホですね…笑


しかし、コロナ禍のワクチン接種が開始された頃から

ジムの湯船に浸かると、毎回、体調不良に襲われました。

初めてシェディング被害を体験したとき

ジムの湯船に入った直後から、全身が酷い倦怠感に襲われて、
そのまま死ぬんじゃ無いかと思うほど動けなくなって
休憩室のソファーで3時間くらい横になり息を整えました。

そしてなんとか車を運転できるレベルまで回復させ、

とにかく事故らないよう気をつけながら自宅に戻って
松葉茶やイベルメクチンを飲んで眠りますが、
翌日の昼過ぎまで全く起きれずに眠り続けました。

恐らく16時間以上寝続けたと思います。


それからしばらくは、ジムはトレーニングとシャワーだけで帰るよう心がけ、

体調が回復してきたら、また浴槽に浸かって体調不良に襲われて2日ほど寝込む…

そうこうしていると、あっという間に1ヶ月が過ぎて、またしばらく休会する間に、

シェディングは気のせいだったのでは無いか?と思うのでした。


今年の3月に復会するまで約7ヶ月お休みしていました。

(塾の受験生対策で忙しかったためです)

その間、受験生の中3の野球部の子達と休憩時間は外でキャッチボールをします。

特に肩が痛くなることなど無く、まあまあ遠投したり、フライボール(高く投げる)など、

肩を使う投げ方をしても問題はありません。

しかし、3月にジムに復会して毎日温泉に入りに行くようになってから、
急激に体調不良になっていきました。


他の人も大丈夫なのだから、自分だって大丈夫なはずだ…

日に日に体調が悪くなり、シェディングだと認識はしていました。

しかし、他の会員さんだって毎日入って何ともないのに、

自分だけ体調不良になるはずが無い…

健康に自信のある方なので、意地になってしまいます。

筋トレ後、温泉に入るたびにカラダ中の関節が痛くなりトレーニングは全然はかどりません。

それどころか、日に日に負荷が軽いものしか持ち上げられなくなって行きました。


感覚としては、筋トレで筋繊維がちぎれて超回復筋肉が大きくなるはずが、

そのちぎれた筋繊維が炎症を起こしたまま回復せず、どんどん細くなっていく感じです。

プロテインを飲んでも、ビタミン剤を飲んでも、

常に筋肉痛というか、筋を痛めたような痛みが続きました。

みるみる細くなっていく太ももに対し、左膝がパンパンに腫れて痛くて歩けない状態です。

その時に通っていた鍼灸院での治療の様子

真上から撮して貰った写真を見ると、自分の脚とは思えないほど筋肉が落ちて細くなっていました。

写真では分かりにくいですが、膝はパンパンに腫れています。

ジムの更衣室の大きな鏡では、男達はみんな自分の全裸姿を映して、

力を入れて筋肉の付き具合を確認しますが…汗

7ヶ月休会していたとは言え、あまりの筋肉の落ちようにショックを受けました。

さらに、筋トレすればするほど細くなっていき、超回復が起こりません。

その頃には、「もしかしてリュウマチ?」と考えるようになりましたが、

鍼灸院の先生は、昔のお年寄りの関節が破壊され、

指が折れ曲がった状態のリュウマチのイメージが強いようで、

「リュウマチならもっと酷い状態になります!これはリュウマチでは無いはずです」

と言い張ります…汗

しかし、朝起きると指の関節が痛み

肩の関節も痛み、膝の痛み、腫れは酷くなる一方でした。

そういう状況下で、5月の初頭に父親が陽性、自宅で看病することになります。

私は、自分がどんなに体調不良でも、
自分より弱い人が困っていたりすると
責任感でムリして動けるという
便利な特性を持っているため、

父親の看病をすると決めたその隔離期間は、
脚を引きずりつつも、看病に努めることが出来ました。

父親も私もワクチンは未接種なので、
当時流行していたオミクロンと呼ばれたただの風邪に対して、

少し喉が痛くなる程度、熱が出ることも無く、食欲も旺盛で元気に過ごしました。


一応、念のために私は2日間だけイベルメクチン12mgを服用、

父親には4日間12mgを寝る前に飲ませてはいました。

詳細は別記事に書いたとおり、普通に回復して現在も元気です。84歳


父親の看病という責任を果たし、次は自分の症状を回復させる為に治療を再開しました。

以前から通っている全身に針を打ち込む鍼灸院にも行って、
全身の気を整え、自然治癒力を高めるアプローチをします。

これでも少ない方…笑

このメチャクチャ痛い針千本を打っても回復しませんでした。

ほぼ寝たきりの2ヶ月間

そしてついに6月頃からは、寝ているときも全身の筋肉が激痛

寝返りを打つと痛すぎて目が覚めて、しばらく肩関節の激痛でズキズキと眠れず

毛布を掴み上げることすら出来ない指の痛みまで悪化します。


夜中にオシッコがしたくて起き上がるにも、全身が痛すぎて起き上がれず、

5分以上掛かってやっとトイレにたどり着く…

それくらい時間が掛かることは分かっていたため、
少しでも尿意を感じたら
直ぐにトイレに行く動作に移ったため、
お漏らしするほどギリギリという事は無かったのですが、

このまま行けば、車椅子になるのか…?

そんなことも脳裏をよぎりました。

ほとんど寝たきりで、
1週間に2日くらいは、
ギリギリ体調が良いこともあり、
夜中に近くのショッピングセンターに買い出しに行きます。

事故らないようにすることもそうですが、

負けず嫌い?なので、自分の弱々しい姿を人に見られたく無いからでした。

食欲は、食べれば普通に食べれますが、ほとんど寝て過ごしていることもあり、

それほどお腹が空くことも無く、プロテイン療法を試していたので

それである程度空腹を満たしていました。

藤川理論と言われるこの本を参考に、メガビタミン・プロテイン療法を試しますが、

少しはマシになりましたが、どんどん病状は進行していきます。

スマホで自分の症状を調べ、98%リュウマチだろうと分かっていました。

ワクチン後遺症ワクチンシェディングで関節リュウマチを発症した事例を多く見ていたからです。

しかし、せっかくワクチンを打っていないのに、
シェディングでリュウマチになった自分が許せないことや、
認めたくない部分もあり、ギリギリまで自力で治そうと、
体調の良い時には行きつけの鍼灸院で針とマッサージをしてもらいます。

この後頭部に針を刺すのが一番ニガテですが…

全身の気の巡りを調整する系の鍼灸院では避けて通れません(T_T)

ここまでしても改善の兆しは見られず、諦めて病院に行くことにしました。

漢方医療の病院で診断が降りた

ネットで調べ、漢方医療に力を入れている病院を見つけました。

私としては、リュウマチでは無いかと考えているが、
鍼灸院では、否定されている
ことを伝えました。

血液検査を行いますが、リュウマチの診断が出るのは1週間後です。

そこの院長先生の見立てでも、リュウマチだろうと話していました。

なぜなら、今回のコロナワクチン接種が始まってから、
若い男性でリュウマチを発症する人が増えているからと話していました。

リュウマチは女性に多い病気です。それが、なぜか若い男性に多く発症するようになっている…

私がその病院を選んだ理由が、GoogleMapの口コミで、

ワクチン後遺症でいくつかの病院を回って、どこの医師もワクチンは関係ないと言うが、ここの医師は、多くを語らず解毒しましょうと言って、漢方薬を処方してくれた。おかげで半年以上苦しんだワクチン後遺症の症状が改善してきている。

そういう口コミを見たからでした。

まずはじめに聞かれたのが、「ワクチン何回打ちましたか?」

私が打っていないことを伝え、その上で、ジムの温泉に1ヶ月、毎日かよってからこうなったと伝えると、

「ああ~なるほどね…、それは良くないですね…
 まずは解毒をしましょう。
 その上で、血流を改善して
 全身の炎症を鎮めていきましょう。」

と、漢方薬を処方してくれました。

医者の立場として、ワクチンの毒性を公言すると叩かれますので、ワクチン後遺症とかシェディングという言葉は使いませんが、解毒、血流を改善(スパイクタンパクによって出来る血栓と炎症の改善)を口にした時点で、私たちと同じ知識を共有している信頼できる医師だと分かりました。

そして1週間後、血液検査の結果リュウマチのステージ3の手前の段階の数値でした。

医師は、この段階まで悪化していると漢方薬では厳しいから、

まずは短期でも良いから、西洋薬で一気に症状を押さえ込むべきだと、

リュウマチの専門医を紹介してくれました。

長くなりますので、今回はここまでにします。②につづく予定です

コメント

タイトルとURLをコピーしました