ゲイネタ・体育教師との想い出とはしご酒②

BL体験談
Sponsored Links

ゲイネタ・体育教師との想い出とはしご酒①の続きです。

M先生は、当然ながら、ノーマルな方ですが、体育系の出身なので、私同様、エロシチュエーションに、男女の区別をあまり気にしないタイプかな・・・って、感じです。普段、部活でお会いするときの紳士的な様子は全く無く、完全に、中学時代の友人のように、悪ふざけで、思いっ切り、私の股間を握ってきたりしますが、私も、お酒で気持ち良くなってきていて、しかも、人に股間を握られるような状況って、最近なかったので、ちょっと、そのエロ懐かしいシチュエーションを楽しんでいました。

もちろん、その間も、恩師は、目が据わった状態で、熱く何かを語ってますが、意味不明です。

その隣では、ベロンベロンに酔っ払った、M先生が、すごいお酒と10代の部活生のような汗のニオイをさせながら、私のほっぺに、無理矢理、キスを仕掛けてきます。
右手は、肩を組んで、左手は、私の股間をしっかり握っています(笑)

相変わらず、ED気味の私は、男性に揉まれたくらいでは、絶対に勃ちません。(T_T)
(女性でも無理なので…汗)

さらに、酒も入っているので、余計に勃ちにくく、かなりモミモミしてるのに、硬くならないことが、不満らしく、執拗に揉んで来ましたが、一応、気持ちいいので、

「ダメですよ~ww」

と、やんわり拒否する素振りを見せつつ、そのまま放って起きました。

(ただ、正直、キスはイヤだった(;´Д`)髭が痛かったので・・・)

(股間モミモミは気持ち良かったww)

そうやって、2時間くらいが経過しましたが、
私も意識はあるものの、久し振りのお酒ですっかり気分が良くなって、
そろそろお開きかな~と思っていると、

「よし!じゃ~、2軒目いくか~!」

と、恩師のS先生が、言い出しました。

「え?」

運悪く、次の日は休日なので、「今日はとことん飲むぞ~!」という感じです・・・。

『げ!』

内心、そう思いながら、この状況を少し楽しんでいる部分もあり、

一緒に、その居酒屋を出ると、

外は、すっかり人気も無く、ほとんど車の通りもありません。

田舎と言う事もありますが、何だか、沖縄も、かつてのような夜型社会では無くなって来ているのを肌で感じ、少し寂しい気もしました。

沖縄は、流しのタクシーが多いので、通りでタクシーを探しますが、さすがに見つかりません。

すると、恩師のS先生が、突然、立ちションベンを始めました。

『あちゃ~・・・。』

そう思っていると、それを見たM先生が、

『私もお供します~!』と、

突然、その場でベルトを外して、パンツごとズボンを、膝くらいまで下げて、

(自分で下げたというよりベルトの重さでストンと落ちた感じ(笑)トランクスのゴムはゆるゆる)

お尻まで丸出しでオシッコを始めました。

街灯もなく、人通りはゼロで、車もほぼ通らないとは言え、

昼間は通学路のこんな所で露出していたら…

運悪く警察が通りかかったら、学校の先生なのに、大変だ!と思って、

私は、ちょっと焦りましたが、やはりガン見しちゃいます(笑)

この、先輩(サッカー部顧問)は、外見から想像したとおり、
熊のような、毛深さと、サッカー部特有の
デカい筋肉質なお尻、太ももが見事で、
さすが、一度はJリーガーを目指したことはあると感心・・・

で、肝心の妻子のある先輩のイチモツは?

なるほど…ふふ~ん…

とちょっと笑って見ていると、

突然私に向かって笑いながらションベンをかけようとして来ました。

ヤバい!と、思った私は、すぐに、

「M先生、ふらついてますよ~、大丈夫ですか~」

と言って、後ろに回り込んで肩をガッチリ掴み、

オシッコがかからないようにしました。

(やれやれ・・・あぶない・・・)

一応、同世代の先輩のあそこがどの位の大きさなのか、

自分のイチモツに、コンプレックスのある私は、

しっかりと目に焼き付けます。笑

なるほど、これが二児の父親のイチモツか…

これは勃ったら、太くて短いタイプだな~と分析しながら想像します。

こういう毛深い人って、大抵、小さくて毛に埋もれている印象でしたが、

しっかりと、ぶっといイチモツが、存在感を示していました(笑)。

でも絶対、長さは無さそうだな~ってww

体型のまんまの印象でなんだかホッとした?笑


その後、一番後輩で意識がハッキリしている私が、
スマホでタクシーを呼んで、はしご酒です。

この2人は、毎回そういう飲み方をしているようでした。

M先生は、後輩の私を気に入ったらしく、
2軒目のカラオケパブでも、
名前を大声で叫びながら、抱きついてきて、
ほっぺたにキスをしてきます。
(髭が痛い…汗)

その小さなカラオケパブは、2人の行きつけらしく、
閉店の時間を過ぎているのに、貸し切り状態で、
マスターと私たち3人だけですが、
ハイテンションで、ステージに立って、一緒に歌います。

肩を組まれて、股間は、ずっと握られたままでした。

それを見て、マスターも馬鹿ウケww

なんだか、中学生の頃に戻ったような気分で、
久し振りに、馬鹿になれて、楽しくなってきました。

初めは、私の方がしっかりしていたのに、飲み慣れている2人は、
どんなに飲んでも、記憶は飛んでいるのに、一応歩けます。

私はもう、フラフラです。

トイレに行こうすると、まっすぐ歩けず、壁にぶつかる様子を見て、
M先生が付いてきてくれて、さっきとは真逆で、今度は、
私が、後ろからM先生に支えられてオシッコをしていました。

記憶も曖昧ですが、M先生が道でそうしたように、
私もなぜかケツ丸出しでオシッコしていたのを記憶しています。
自分で下ろしたのかな…?(笑)

「綺っ麗なケツしてるな~!」と、お尻をパンパン叩かれていました

(^^;)

当時のケツ…笑

やはり、あの、熊のような毛深いタイプの人からすると、
私のように毛の無いお尻は、女性のお尻と同じような感じかもしれませんσ(^◇^;)

粗チンを確認されたのは言うまでもありませんw

内容が過激なので省略…_(_^_)_


結局、その後も、3軒目まで付き合わされたのですが、

後半の記憶が曖昧で、どうやって帰ってきたのか覚えていません。

私が独り暮らしなので、3人ともにタクシーに乗って、
私の家に来て寝ることになったようで、
朝、目が覚めると、私よりも飲んだはずの2人が、しっかりと起きて、
身支度を調えて、帰る準備をしていました。

(私はトランクス一丁で寝ていました。普段も、寝るときいつもパンツ一丁です)

私は、外まで見送ろうとしましたが、
意識が飛ぶまで飲まされたのは大学生時代以来で、頭もガンガンして、起きれません。

「大丈夫、そのまま寝てていいよ。」

と、言って、午前中、早い時間のうちに帰っていきました。


翌日まで頭がガンガンして最悪でしたが、あんなに飲むのも、久し振りなのと、
学生時代のような感じで後先考えずにバカになって楽しんだのも、
約20年ぶりだったので、(中身は無かったけど)楽しかったな~、
たまにはこういうバカになって飲み潰れるのも良いもんだな~
って、思いました。


それにしても、あの体育教師たちは、本当にお酒強いです。
私の5倍くらい飲んでいるはずなのに、しっかり歩いて、
私の家まで連れてきたことに驚きますが、

それ以上に、その後、部活の指導に普通に行ったようで、
あんな飲み方を、週に何回も、
日常的にやっているそうで、恐れ入ります。

私のように、飲むとすぐに気持ち良くなって、
意識飛んで、眠くなるタイプは、やはり、
宅飲み以外無理だな~と思いました。

もう二度とあんな楽しい飲み会は無いだろうな~

そんな気がしました。

(^o^;)


後日談

生徒に、M先生と飲んだけど、何か言ってた?

と、探りを入れてみたのですが、

M先生も、意識が飛んでしまうタイプのようで、

一緒に飲んだのは覚えているけど、気がついたら、私の家にいて、

3人で寝ていたと話していたそうです。

恐らく独り暮らしの私の家で泊まって、

朝帰った方がタクシー代が浮くと判断して、

(深夜料金は高いから)

3人で来たのだと思います。(2人の家は深夜料金で買えると結構高い距離です。)


その後、生徒のサッカーの試合の応援で合った時、

あの夜の楽しかった記憶のまま親しげにM先生に話しかけると、

あの無邪気なキス魔のM先生ではなく、

いつもの、紳士的な別人の温厚なM先生に戻っていました。

すごいギャップ・・・。同一人物とは思えない・・・。

(せっかく、あんなに打ち解けたと思ったのに・・・)

ただ、ひとつ変わったのは、M先生を見ると、

あの、毛深い真四角なお尻と、

短いけどぶっとい、あの股間が頭に浮かぶようになったことでしたσ(^◇^;)


以上、アメブロでなぜか人気のホモ・ゲイ?ネタ記事をリライトしました。

この記事は消そうかと思いつつ、女性の読者さんから好評なのでしばらく残しておきます。

女性にとっては、男同士の学生時代のバカ騒ぎとかが羨ましいとかコメント貰いました。

だからBL漫画とか小説が流行ってるのかな(^^;)

まあ、流行のBL漫画の少女漫画っぽい人物とは対照的ですが…笑


コメント

タイトルとURLをコピーしました