中学女子って面倒くさい?★思春期の女の子①

Sponsored Links

子育てを一段落終えた方なら分かると思います。

また、自分自身がその時期を経験した母親や、大人の女性も分かる話だと思いますが・・・

思春期の不安定な頃の女子、特に小5~中2くらいまでの女の子は、

すごく面倒くさいです(;´Д`)

元々の気質の問題もあるので、もちろん素直な子は全然大丈夫ですが、

遺伝子的に知能が低めの子だと(←差別的発言では無く、教育現場での現実的な認識の話)

世界を見る時、自分を中心として、その目に映る一部の人間関係しか見ることが出来ないため、

とても自己中心的な行動しか取れません。

生来の知能が高めの子は、常に第3の目を持って

自分中心の目と、

少し離れたところから、客観的に自分を見つめる目を持ち、

自分がやりたいこと、みんなにとって良いこと、

相手がどう考えているのか、どう感じるかなど、全体を見る視点があります。

教育関係の書籍で、子供の成長段階について書かれている内容では、

赤ちゃんの頃には、ボンヤリと見える天井や、自分の目に映る範囲だけが、世界のすべてだと認識していて、お腹がすいたり、オムツが汚れ、不快感を感じた時には
全力で泣けば、誰か(母親など)が現れ、不快を解消してくれる。

少しずつ活動範囲が広がる中で、自分以外にも意思を持った別の個体の存在を意識するようになるのが3~4歳頃・・・

そういう成長段階が書かれています。

Sponsored Links

通常、小学校高学年頃から、仲間というものを意識し、個の願望を抑えて全体のことを考えるようになるのですが、中学校になっても、赤ちゃんの頃のまま、精神的に成長していない残念な子がいます。

  1. 親が同じような特性を持っていて、遺伝しているタイプ
  2. 母親はそれなりにちゃんとしているが、子供がわがままな特性を持っているタイプ(知能が低い)

簡単に上の2タイプに分類してみると、2の方は、もう片方(父親)の特性を引き継いでいるのかもしれませんが、いずれにせよ、この2つのタイプに分類される子の場合、教育によって矯正出来る限界を強く感じます。

大人になっても、男女の考え方の差は、生物学的な要素が強く影響しているので、男性脳の考えで女性にアドバイスをしたとしても、全く無意味に思えます。

私の25年の教育に携わってきた経験からも、男子生徒と、女子生徒とでは、同じ相談をされても、全く別の受け答えが必要だと痛感しています。

男子生徒が、「勉強、面白くない!なんで、勉強しないと行けないの~!」

と口にした時、将来の話や、

好きな仕事を選べるように

視野を広げて、

世の中にどんな仕事があるのか

たくさん勉強することで、そういうことが分かるところに行ける

ことや、

学校での勉強の訓練が、将来、やりたい仕事に必要な勉強をする時の土台になるよ。

などなど、様々なリアルなアドバイスを、それぞれの段階にあった内容で話すと

じっくりと興味を持って理解しようとします。

それが、男子生徒の脳の特性です。

一方、女子生徒が、「勉強、面白くない!こんなのやって、何の意味があるんですか!」

と同じことを言った時、男子生徒に言うような話をすれば、確実にドン引きされて、

全く心に響きません。

めんどくさ・・・

そう思われて終わりです。

私も、長年の失敗の経験から学んだのですが、女子生徒がそう言ったら、

「だよね~」

と、共感して流すだけで良かったのに、真面目に答えて失敗したのでした(;´Д`)

勉強したくないけど、やらないといけないのは分かっている、

でも嫌だ~!と、口にしただけなのに、男性脳でまともに反応すると、

はあ?

となります。

なので、女子生徒の進路指導で、男性の教師が向き合うのはそもそも間違いなのかもしれません

(;´Д`)

②に続く・・・

コメント

タイトルとURLをコピーしました